FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶景!支笏湖畔の隠れ宿★温泉オーベルジュ【翠明閣】で活ボタン海老や白老牛など!食事編

温泉オーベルジュで、絶品フレンチに酔いしれる
朝は釜炊きのご飯と支笏湖のパノラマ絶景を堪能!
 
前回のブログの続き、支笏湖の温泉オーベルジュ
「翠明閣」体験レポートのお食事編です。
 
トロトロのお湯で体があたたまった私達は
噂の「支笏湖フレンチ」目指して、いそいそとレストランへnote
 
201212131.jpg
静かで落ち着いた雰囲気のなか
広がる景色を独り占めできるよう配置されたテーブル席。
 
201212132.jpg
今は冬なのでもう日が落ちていましたが
夏は、こんな夕日を眺めながら食事が楽しめるそうですsign01
素晴らしい~shineshine
 
そしてお料理は
201212133.jpg
「苫小牧産 北寄貝とアーモンドとトマトのソテー」でスタートsign01
 
続いて、
201212134.JPG
キレ~~~wobblywobblywobbly
「増毛で水揚げされた活ボタン海老のカルパッチョ
 彩の野菜を飾って」
 
甘~い活ボタン海老を開いて敷き詰め、その上に、
イクラ、ズッキーニ、黄ピーマン、赤大根が「前にならえ」していますheart04
 
感動的に美しいだけじゃなくて、感動的においしいcatface
 
201212135.jpg
「天然の風味を生かした千歳産ビーツのスープ」
 
201212136.jpg
「北の大地で育った“白老牛”フィレ肉のソテー
 千歳産のポテト“レッドムーン”のグラタンを添えて」
 
他にも松川カレイ、ずわい蟹、フォアグラ、
道産チーズ、ぶどうのジュレに濃縮牛乳のアイスクリームなどなど、
ひとつひとつ素材のうまみを引き出した、北海道てんこもりのコースですhappy01
 
201212137.jpg
「その時に一番おいしいものを提供するのでメニューは変わります」
と料理長の池田雅行さん。
 
池田さんは、帝国ホテル・フレンチの巨匠(村上信夫氏)の元で修行を積み、
帝国ホテル大阪で料理長を務めたことのある経歴の持ち主なのですshineshine
 
定年後、大自然と食材に惚れ込んで、この地に移り住まれたそう。
 
本格的な「支笏湖フレンチ」は、北海道オーベルジュへの期待に
しっかりと応えてくれたフルコースだったと思いますconfident
 
201212138.jpg
朝は清らかな空気に、昨日とは全く違う
凛とした姿を見せる支笏湖を眺めながら朝食をいただきます。
 
201212139.jpg
朝は、やさしい「和食」。
 
2012121310.jpg
とくに印象的だったのは、
予約時間にあわせて炊き上げた「釜炊きのご飯」。
 
朝日にきらめく、しあわせの湯気ですheart04
 
滞在を通して感じたのは、気配を感じるとスッと誰かが来てくれる、
チェックアウト中に車のエンジンを暖めておいてくれるなど
さりげない気遣いが行き届いたおもてなしconfident
 
冬期間は、札幌・千歳からの無料送迎バスが運行になるのも嬉しいですねbus
 
四季が変わると旬の食材も変わるので
また違う季節に来てみたいsign03
 
リピーターの多さに納得。
思わず、人を誘いたくなる隠れ家オーベルジュですshine
 
 
flairレイクサイドヴィラ翠明閣の基本情報はコチラ
 
flairレイクサイドヴィラ翠明閣の期間限定・特別プランはコチラ
スポンサーサイト

コメント

いいなあ、活ボタンえエビのカルッパッチョ&フィレ肉のソテー。白ワインも赤ワインも飲みたくなるよー。

伊藤さんへ。
すごくキレイで、おいしかった☆
もちろん、白ワインも赤ワインも飲みました。
次は、夕日を狙いたいと思います!(^^)!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐうたび北海道 編集長 村澤規子

Author:ぐうたび北海道 編集長 村澤規子
北海道&温泉が大好き!北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」の編集長として、
全道各地を取材して見つけた感動を、備忘録として綴っていきます。
景色にしても食べ物にしても、北海道には季節ごと・エリアごとの魅力がいっぱい。
地元ならではの最新情報&穴場情報を発信していきますね。一緒に北海道を楽しみましょう!

ぐうたび北海道 https://www.gutabi.jp/

HBC今日ドキッ!コメンテーター
温泉ソムリエ、北海道フード塾講師

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。