記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【望楼NOGUCHI函館】天然温泉付きスイートルームに泊まってきました!

ギャラリーのような館内に天然温泉付きスイート
ワンステージ違う贅沢ステイにうっとり!
 
201303141.jpg
見てください、このギャラリーのような空間sign01
絵ではありません。私が撮った写真です~wobbly
 
201303142.jpg
洗練されたモダンなデザインの中に、落ち着いた和の趣が融合。
 
湯の川温泉「望楼NOGUCHI函館」に一歩足を踏み入れると
このような別世界が待っていますshine
 
201303143.jpg
デザイナーが追求しているのは、
「静寂、謙虚、繊細、品格のある贅沢」shine
 
「望楼」のクリエイティブディレクターは、
滝川出身の、日本を代表する彫刻家・五十嵐威暢氏です。
 
201303144.jpg
美しい日本庭園を望む特等席を独占confident
 
水盤を囲むようにテーブルを配したスペースは
最初に迎えてくれるチェックインカウンターでもあり、
滞在中、自由にコーヒーを飲めるカフェでもあります。
 
しかもコーヒーは北海道で一番古い老舗珈琲店
珈琲焙煎工房「函館美鈴」。うれしいですよねwink
 
今回の宿泊は、天然温泉付きスイートルームshine
 
201303145.jpg
120平米というだけあって、ひろ~いwobblysign01
 
モダンなリビングフロア。座り心地の良い大きなソファに、
落ち着く和室スペース。
 
201303146.jpg
別角度のベッド側から見るとこんな感じ。
 
ひとりがリビングで明りをつけていても、
もうひとりはベッドでぐっすり眠れる。さすがの寛ぎ感ですsign01
 
私が泊まったのは、階段を上っていくとリビングが広がる
メゾネットタイプで、温泉かけ流しの展望風呂だけ階段の下に。
 
201303147.jpg
これは、開放的なくつろぎを追求した結果の選択なんですって。
なるほど~。
 
アメニティはロクシタンnote
使いきれない分は、お土産にもらっちゃおhappy01
 
201303148.jpg
館内探索で見つけた、五十嵐氏のオブジェ「komorebi」。
空間に漂う光と影・・素敵ですねlovely
 
各階、パブリックスペースには休憩場所がたくさん。
 
201303149.jpg
それぞれ趣が違うのですが、どこも
思わず座って本でも広げたくなるような雰囲気。
 
2013031410.jpg
レトロな野球盤も見つけましたhappy01
 
13階の大浴場で天然温泉を楽しんだ後は、スカイサロンへ。
 
2013031411.jpg
星空に浮かんでいるような気分で
マッサージチェアに湯上りの体を預けますconfidentconfident
 
う~ん、贅沢heart04
 
温泉と夜景マッサージですっかりリフレッシュしたら、
心を踊らせて、楽しみにしていた食事へ向かいますpunch
 
続きは次のブログ「お食事編」を読んでくださいねhappy01
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐうたび北海道 編集長 村澤規子

Author:ぐうたび北海道 編集長 村澤規子
北海道&温泉が大好き!北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」の編集長として、
全道各地を取材して見つけた感動を、備忘録として綴っていきます。
景色にしても食べ物にしても、北海道には季節ごと・エリアごとの魅力がいっぱい。
地元ならではの最新情報&穴場情報を発信していきますね。一緒に北海道を楽しみましょう!

ぐうたび北海道 https://www.gutabi.jp/

HBC今日ドキッ!コメンテーター
温泉ソムリエ、北海道フード塾講師

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。