記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の味覚「あんこう」に毛蟹1杯まるごと付き★ノルド小樽に泊まってきました♪

運河が目の前!ノスタルジックな「ホテルノルド小樽」
毛蟹1杯&あんこう鍋メインの満腹プランには和風ステーキも♪
 
201401151.JPG
この写真は、昨年クリスマスの小樽運河。うっとり~lovely
2月7日からは、いよいよ「小樽雪あかりの路」が始まりますねshine
 
毛蟹と地元の「あんこう」が食べられるプランが出たと聞きつけ、
早速泊まって、食べて来ました~sign01
 
201401153.JPG
毛蟹はひとり、まるごと1杯sign03ミソもたっぷりで食べ応えあり。
ビールのあと、日本酒にしようかワインにしようか悩みます~note
 
201401154.JPG
そして地元の旬「あんこう」は鍋で登場shine
 
あんこうは、関東では「東のアンコウ、西のフグ」と称される冬の味覚。
東京にいた頃、毎年楽しみだっただけに、「あんこう」と聞くと、
あのプルプル感を思い出し、テンションがあがりますpunch
 
なのに道内ではあまり美味しさが知られておらず、もったいないwobbly
 
ノルドの「あんこう浜鍋」は蟹やつみれ入り。
醤油ベースの出汁であっさり仕上げてありましたhappy01
 
201401152.JPG
平目のこぶ締め薄造りにあわせて
ワインは地元・余市の匠シリーズを注文note
 
201401155.JPG
海鮮だけでなく、和風ステーキもあるのが嬉しいnote
 
201401156.JPG
いくら小丼やスイーツまでついてますhappy01
 
2014011513.JPG
朝食は昨年リニューアルしたばかりで
運河と倉庫群を見渡しながらいただける、和洋30品バイキングdelicious
 
ちなみに「ノルド小樽」は町の雰囲気に溶け込んだノスタルジーあふれるホテルshine
 
2014011570.jpg
吹き抜けのロビーには
 
2014011512.JPG
ガラスの街に似合う大きなステンドガラス
 
201401158.jpg
4月にパワーアップするプレミアムツインは
浴室とパウダールームが分かれていて、使いやすいconfident
 
2014011516.JPG
9時~11時30分まで無料開放される最上階の展望ラウンジからは
小樽港のダイナミックな眺め~heart04
 
朝・昼・夕・夜、表情がまったく違う港町・小樽fish
どうぞゆっくり泊まって、小樽の豊かな食を満喫してくださいねwink
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐうたび北海道 編集長 村澤規子

Author:ぐうたび北海道 編集長 村澤規子
北海道&温泉が大好き!北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」の編集長として、
全道各地を取材して見つけた感動を、備忘録として綴っていきます。
景色にしても食べ物にしても、北海道には季節ごと・エリアごとの魅力がいっぱい。
地元ならではの最新情報&穴場情報を発信していきますね。一緒に北海道を楽しみましょう!

ぐうたび北海道 https://www.gutabi.jp/

HBC今日ドキッ!コメンテーター
温泉ソムリエ、北海道フード塾講師

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。