記事一覧

【江差・松前 千年北海道手形】江差で追分体験★江差追分の真髄に触れてほしい~!

「江差・松前 千年北海道手形」でバスの旅・第4弾!
江差追分プチレッスンは意外なほどに面白かった♪
 
のあとは江差町に移動して宿泊。
 
1江差の海.JPG
この日も快晴~sun 開陽丸が浮かぶ海原を見渡しながら
朝一番に向かったのは「江差追分会館」。
 
実は江差追分プチレッスンを予約してあるのです~note
 
2江差追分実演会場.JPG
北前船の船頭たちに伝えられた追分節。
そこに江差独特のアレンジが加わって誕生した「江差追分」。
まずはこの立派な会場で、生ステージを鑑賞sign01
 
3江差追分実演.JPG
全国大会の優勝者の実演は、鳥肌モノですshine
 
4江差追分手拍子.JPG
楽しい曲は、手拍子をしたり、一緒に歌ったり
 
5江差追分記念撮影.JPG
最後には記念撮影もnote
 
6江差追分レッスン.JPG
そしていよいよ、江差追分を習いますpunch
この日の先生は、杉山由夫さん。
 
正調江差追分会正師匠であり、日本民謡北海道連合会最高師範という
本格派の先生だけに、熱のこもった講習ですshine
 
これが実に面白く、興味深かったsign01
今まで幾度となく説明で聞いていた民謡と江差追分の違いが、
はじめて良くわかりましたconfident
 
7江差追分体験.JPG
私が30分かけて覚えたのは、出だしの「そい、そ~い、そい(掛け声)」と
「かもぉ~め~えっ~~えっ」・・だけです!
 
江差追分は深い。「正調」江差追分というだけあって、息継ぎの場所とか
「すくい」とか「もみ」とか、決まった通りに歌わないといけないのsign01
 
8江差追分正調.JPG
「かもぉ~め~えっ~~えっ」が、どれだけ難しいかcoldsweats02sweat01
江差追分は難しいとよく聞いてはいたけれど
レッスンを受けて初めて、江差追分の真髄に触れた気がしましたshine
 
9江差山車会館.JPG
隣接する山車会館もあわせて入館料が500円かかりますが、
実演ステージも、プチレッスンも無料ですheart04
 
今回、私は予定を詰め込んでいたので時間切れでしたが
レッスンは持ち時間にあわせて、好きなだけ受けられるそうですnote
 
10江差追分会館.JPG
ここに来たら、レッスン受けなきゃもったいないshine
面白すぎて、町を散策したあと、戻ってくる方も多いとか。
ぜひ時間を長くとり、たっぷり習ってみてくださいwink
 
追分会館で予想以上に時間を使ってしまい、13時の
ガイドさんとの待ち合わせまでにお昼を食べる時間がなくなってしまったbearing
 
11せき川ぜんざい.JPG
そこで急いで、茶房せき川に飛びこみ、
クリーム白玉ぜんざいをかきこんで、ひと息heart04
 
12茶房せき川.JPG
このお店、本来は、急いで寄る所でも、ぜんざいをかきこむ所でもなく、
昔ながらの空間を、ゆっくり楽しむところですcoldsweats01
 
このあと無事にガイドさんと合流shine
 
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
忙しくてなかなかコメントはできなかったのですが、拝見のほうは欠かさずしていました。実は僕の友人が第34代の優勝者なんですよ。
民謡はともかく、カラオケも上手いですよ^^
江差は好きなところなのでいろいろ情報ありがとうございました。
ちなみに妻は枝幸出身です・・・えさし繋がりかな?

ヨッシーさんへ。お久しぶりです!ブログ、いつも見ていただいてありがとうございます!
江差追分の優勝者だなんて、すごいですね!!民謡は江差追分に始まり江差追分に終わる、
というくらい難しいのですものね。私も今回、体験を通じて、片鱗を感じました。
ぜひ、また江差に行かれたら、体験、してみてくださいね♪ 枝幸出身の奥様とご一緒に(^^)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐうたび北海道 編集長 村澤規子

Author:ぐうたび北海道 編集長 村澤規子
北海道&温泉が大好き!北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」の編集長として、
全道各地を取材して見つけた感動を、備忘録として綴っていきます。
景色にしても食べ物にしても、北海道には季節ごと・エリアごとの魅力がいっぱい。
地元ならではの最新情報&穴場情報を発信していきますね。一緒に北海道を楽しみましょう!

ぐうたび北海道 https://www.gutabi.jp/

HBC今日ドキッ!コメンテーター
温泉ソムリエ、北海道フード塾講師

カウンター