記事一覧

稚内でクラフト体験~宗谷丘陵~白い道★エゾシカを見て食べて知る旅・第2弾!エゾシカの角でペンダント、作っちゃいました♪

エゾシカの角でアクセサリー作り体験
稚内&宗谷丘陵では鹿に会えた!牛にも会えた!
 
「宗谷エゾシカ・モニターツアー」体験レポート・第2弾。
 
1バス.JPG
2日めは豊富温泉から稚内へ。
稚内観光協会・佐藤さんのガイドは、「玄関あけたら鹿がいた」
「バス停に鹿が並んでいた」など、地元ネタが多くて興味シンシンhappy01
 
2カタラーナ.JPG
夜に食べず後悔して、朝から買ってしまった「とよとみカタラーナ」を
味わいながら、ゆったりと、窓からの景色を楽しみながらの移動ですdelicious
 
3シカ.jpg
そして、窓向こうには、鹿も出没sign01
この写真は、なんと稚内の市内中心地で見かけた鹿たちですwobbly
道路沿いのパークゴルフ場入口付近。
 
「この通りを鹿が駆け抜けていった」などのエピソードを聞き、
可愛いとだけは言っていられない、地元の深刻な状況を
感じずにはいられませんbearingsweat01
 
3アクセ作り.JPG
エゾシカの有効活用を考える体験メニューのひとつとして、
この日は「アクセサリー作り」に挑戦punch
限られた時間に完成させたいので、皆、真剣です。
 
4鹿アクセ前.JPG
私が選んだシカの角のパーツはコチラ。
穴をくり抜いて、きれいに磨いて・・
 
5鹿アクセ後.JPG
こ~んなペンダントができましたheart04
結構良いのでは??と気に入っていますwink
 
6鹿アクセ集合.JPG
みんなの作品もみせてもらいましたが、スゴ~イwobblysign03
それぞれ個性にあふれていて、どれも素敵。
これを身に着ける度に、この旅のことを思い出してくれるかなあ。。shine
 
教えてくださったのは、現役の美術の先生、宮崎先生。
鹿の角のクラフト体験は、道内各地のイベント等、
けっこうありますので、ぜひトライしてみてくださいねhappy01
 
6納沙布お弁当.jpg
納沙布岬で海をみながらお弁当shine
 
7流氷館.JPG
日本のてっぺん・宗谷岬の流氷館は入場無料。
夏でも寒さが体験できますtyphoonここのシカ、寒そう。。。bearing
 
9宗谷丘陵.JPG
私の大好きな風景、宗谷丘陵shine
 
10牛.jpg
宗谷黒牛など、
放牧された牛たちは
海からの風を受け
ミネラルたっぷりの
牧草をもりもり
食べて育ちますtaurus
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11白い道.JPG

 

 
そして、この宗谷丘陵には
フットパスがあり
おススメなのが「白い道」heart04
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12貝殻.JPG
約3キロに渡って敷き詰められているのは、
なんとホタテの貝殻sign01北国ならでは~note
 
13白い道.JPG
白い道からは、宗谷名物の大風車群も眺められ、
すっごく気持ちがいいですよwink
 
14休憩.JPG
「村澤さん、『どっこいしょ』が似合いますねnote
と、同行の27歳女子に言われてしまったhappy01sweat01
 
この看板、ほっこりして、いいですよねconfident
休憩ベンチには「よっこらしょ」の看板もありますので
探してみてくださいね~scissors
 
15白い道.JPG
ラストには、白い道の向こうに海が見えてきて
思わずはしゃぎたくなりますhappy02good
 
このあと、いよいよメインイベントの「宗谷シカ肉晩餐会」shine
 
16熊笹ミックス.JPG
その前にもかかわらず、「氷雪の門」の売店で
「熊笹ミックスソフト」の誘惑に負けてしまったのであったcoldsweats01
新発売とのこと、美味でございます~~heart04
 
「宗谷シカ肉晩餐会」で鹿肉フルコース&稚内の街歩き
次のブログはコチラ
 
サロベツ原野の絶景と豊富温泉でエゾシカ肉のすき焼き
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐうたび北海道 編集長 村澤規子

Author:ぐうたび北海道 編集長 村澤規子
北海道&温泉が大好き!北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」の編集長として、
全道各地を取材して見つけた感動を、備忘録として綴っていきます。
景色にしても食べ物にしても、北海道には季節ごと・エリアごとの魅力がいっぱい。
地元ならではの最新情報&穴場情報を発信していきますね。一緒に北海道を楽しみましょう!

ぐうたび北海道 https://www.gutabi.jp/

HBC今日ドキッ!コメンテーター
温泉ソムリエ、北海道フード塾講師

カウンター